おおたさん エトセトラ

気になっていた「Honda N- VAN」と「N-BOX」の違いを営業の方に聞いてみた!当初の目標販売台数を裏切った嬉しい誤算の訳!

投稿日:2018年8月29日 更新日:

 

タクドラ明番の日曜日、「ドクターエアのEMS EXA PAD smart EMS-003」でダイエットに取り組むNobuhiro Itoさんとの打ち合わせ木更津に行ってきた!!木更津ダンディ呑み探訪日記は結構な量になるのであらためて記事にしますけどさきに翌日に行ったいま注目の「N-VAN」を見に行った話から記事にしてみよう!!ってんで・・・木更津Hondaへまずは展示車はこちらの「N-VAN COOL」

 

N-VANってNBOXとかのシリーズみたいだけどそもそもいままであった2018年7月に販売終了したHonda「軽バン」アクティーの後継車、まっ簡単に言ってしまえば商業車。

だから基本このN-VANのローグレー「G」(126万~)・「L」(134万~)って安価な車はあるんですが、そこは遊び心満載のHondaさん、今回見た「COOL」など商業目的でなく遊び=趣味に絞ったユーザー向きの車も用意したってことなんです。

今回注目すべき点はホンダがセンターピラー(左側)を無くした点と完全にフルフラットにした点です。

確かに商業車ならフルフラットなんて当たり前ですが、この「N-VAN」には助手席と後部席が床下?に格納されいつでも4人乗車出来るって実現したんですね(ただこの後部座席は長距離には使えない!リクライニングも出来ないし前座席都の足元も狭いしきつい=ただ実質商業車がベースですから文句言うのはお門違いかも)

面白いのは助手席のヘッドレスが助手席の扉に格納されたり後部2席のヘッドレスも後部に格納されたりマジ笑ってしまう発想力は「さすがホンダ!」ですね

ちなみにホンダNシリーズで人気のN-BOXは両方のセンターピラーがあります車のシャーシ的にはセンターピラーがないとチョット不安です(なんでかって長年のっていると車が捩じれる可能性がありますからね)

N-BOX customがだいたい220万~今回見た趣味を目的にしたN-VANが216万~残債ローンで月々13,000円(頭金30万くらいは必要)確かにカタログ的には商業ベース以外に趣味の世界って掲載されていますが、私個人的にはやはりN-VANを趣味の世界だけのって考えるのはきついかな?でもでもホンダ木更津の営業の○○さんからの情報では当初3,000台売れたら良いだろうってホンダの目録は大きく外れ発売2カ月でナ・ナント13,000台の売れてるそうで現在グレード「COOL」で2018年年内納車、「FUN」タイプだと納車は年明けらしいです、

売れているんですね!!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiroshi ota

大阪府生まれ。 広告関係の仕事を長くしていましたが、現在はタクシードライバーで神奈川県横浜市を中心に走っています。

-おおたさん, エトセトラ
-, , , ,

Copyright© ドロンケンダイエット , 2019 All Rights Reserved.