おおたさん エトセトラ

会社にこんなのが張り出されたのだ!

投稿日:2019年2月21日 更新日:

突然ですが!

旨い酒!呑んでますかぁ~

昨年タクシードライバーになってからは家で呑む時はメチャクチャ量は減っています、明け番の朝食時でハイボール缶350ml×2本程度、翌日朝8時出庫の前日夕飯時(我が家の夕飯は18時頃と早い)でもハイボール缶350ml×2本までですね。もう少し呑みたいときはノンアルコールビールで我慢。なんせ人様の命を預かって仕事してる者として最低限のモラルですよね。

最近JALとかANNなどのパイロットの飲酒事件が問題話題になっていますがタクシードライバーは本当に厳しいんです、(飛行機はほとんど自動運転だからゆるいんですかね?)弊社は日本一大きいタクシー会社であるせいか、その点はもの凄く厳しいんです。当たり前ですが?出庫時&帰庫時にアルコールチェッカーでの呼気検査が義務付けられています。万が一呼気でアルコールが感知されたら1回目で10日間の乗務停止処分で2回目で懲戒免職(クビ!)ってマジに厳しい!(まぁ~当たり前ですけどね)

最近こんなのが会社で張り出されました。

ビール350mlで3時間・500mlで4時間
日本酒1合で4時間・2合では8時間
焼酎1合ストレート9時間
チューハイ350mlで4時間
ワイングラス1杯4時間
ウイスキーシングル30mlで2時間・ダブル60mlで4時間

あとは一番いけないのが最終はビールでそのあとワインやら日本酒になった段階で12時間以上

もうすでにお酒が次の日に残る年代になっているってことを考慮するとやはりどんだけ呑むかは別にして最低でも12時間は空けないといけないかなと考えています。でもお酒を止めるなんてことはありえないしねぇ~

しかしパイロットなどは乗客100人~400人の命を預かって飛ぶわけですよね?タクシーの場合、普通は4名(多くて6名ですけど・・・)尊い人様の命が多いとか少ないとかで責任の重さは変わらなく一緒ですけど、頭の良さはパイロットの方が完璧に高学年高収入ですよね(笑)だったらしっかりせいよ!ってオッサンタクドラは思いますよ。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiroshi ota

大阪府生まれ。 広告関係の仕事を長くしていましたが、現在はタクシードライバーで神奈川県横浜市を中心に走っています。

-おおたさん, エトセトラ

Copyright© ドロンケンダイエット , 2019 All Rights Reserved.