うまい店 おおたさん

横浜中華街だけじゃないぞ~横浜市内の雲呑(ワンタン)専門店に行ってきた~(横浜関内編)

投稿日:2018年9月19日 更新日:

大家好!本日の記事は「横浜中華街だけじゃないぞー!」編の第二弾。横浜ってたぶん中華(中国)料理関係のお店が全国で一番多いじゃないでしょうか?(調べてないけど・・・スイマセン)。

タクシードライバーとして夜な夜な深夜まで同じところをお客さんをお求めクルクル流す関内駅北口から大きな道(尾上町通)の北側(海側)のエリアに男性の社交場が存在する。早い話しクラブ街です!ここは東京で言えば横浜の銀座かな?。

鎌倉街道を挟んで1~3町目ブロックと4~6丁目ブロックに各一方通行の数本の道路が碁盤の目に分かれていて、1~3町目ブロックは馬車道などを含み老舗のトンカツ屋さんなどがあり老若男女が多く行き来しクラブ系は少し少なく12時には閉店するイメージ、対して4丁目~6丁目エリアはベイスターズ通りを含み居酒屋からクラブ系が混在している感じですかね。その為か夜遅くまで開いている中華関係のお店も結構あります(もちろん1~3丁目ブロックにも行ってみたい中華関係のお店もありますがね)。

スポンサーリンク

さて今回ご紹介のお店はそんな背景のなか(なんか企画書みたい笑)タクシーで流していて「こんど機会があったらいってみたい」と狙っていたお店。

さすがに夜乗務中に狭い道に車を止めて食べるのはクレームが来そうなので出来ませんでしたが、先日3連休の土曜日の昼下がり、ひとも疎らで「絶好のチャンス到来!」と300円コインパーキングエリアにちゃんと停め。「いざ!」

香港雲呑専門店「 賢記」です、横浜には結構な数の雲呑(ワンタン)専門店があるみたいです、現にこのお店のとおり一本隔てたところにも雲呑専門店 それも元祖って店名の前についたお店があります(Coming Soon!近日取材公開予定!)

スポンサーリンク

香港に雲呑専門店があるかどうか知りませんが、私の記憶が確かなら中国本土には雲呑はありますがこのお店のメインメニューのような雲呑麺はないはずです。雲呑は雲呑で揚げたり茹でたりが主で拉麺(面)は拉麺として食べるのが一般的。

そんなうん蓄どうでもいいですよね!まっ旨けりゃいいですよ!それに私の好きな麺でも雲呑麺はbest3に入りますから笑

店内に入ると直ぐに食券機でメニューを購入(店の従業員全員が日本語出来ないかもしれないからかな?)ですから前もって店頭のメニューバナーで選んでおく必要があるかな。スープも塩と醤油から選択(これは口頭でOK)そーそー麺も選べるんですね。普通の細麺中華麺か香港麺、保守的なわたしは?中華麺をチョイスして一番シンプルだと思われた「野菜肉雲呑麺」750円をポチッと

野菜肉雲呑麺が出来るまでサービスで蒸し鶏ねぎ油ソース掛けご飯が希望でいただけます!これ普通に旨いけど蒸し鶏をモットプリーズ

 

スープは醤油味を選びましたが、最近流行り?のガッツリ系の豚骨と違いあっさり昔ながらの中華そば系の鶏ガラスープ、野菜肉雲呑は葱が京都九条ねぎ使用って書いてあったけど、ファーストガブッ!でツーンと鼻にネギの香りが良いですね~チョットピンボケでしたけど拉麺丼が良くあるけど斜めでお洒落かな?笑

総評としては、☆4つ、次回は香港麺で他のメニュー(海老焼売雲呑麺・痲辣三種雲呑麺・香港海老雲呑麺)の塩って感じでしょうかね。。。最後には果肉入り?の杏仁デザート。(タダデース)

神奈川県横浜市中区相生町2-34-2

 

香港雲呑専門店 賢記
神奈川県横浜市中区相生町2-34-2   梅原ビル1F

営業時間/平日 11:00~翌02:00(L.O. 01:45)
日・祝 11:00~23:00(L.O. 22:45)
定休日    無休

スポンサーリンク

↑こちらに行くと尾上町通りを渡って関内駅北口(約5分)

↑こちらに行くと海ですね!→はベースターズ通り、←馬車道方向

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiroshi ota

大阪府生まれ。 広告関係の仕事を長くしていましたが、現在はタクシードライバーで神奈川県横浜市を中心に走っています。

-うまい店, おおたさん
-, , , , ,

Copyright© ドロンケンダイエット , 2019 All Rights Reserved.