旅日記

伊東温泉にあるくつろぎ日和 伊東遊季亭で、贅沢な時間を過ごしてきた

投稿日:2018年12月30日 更新日:

KENTAです!

先日より静岡県への旅行の話を書いていますが、今回宿泊をしたのが、伊東温泉のくつろぎ日和 伊東遊季亭です。

静岡県伊東市宝町1-8

 

今回は、車での旅行でしたので、駐車場が完備されていることも一つの条件だったのですが、万が一雪が降った場合でも、電車でも大丈夫という感じの立地でした。

初日は、雨でしたので、熱川ワニ園での観光を終えてから、とりあえずホテルにチェックインをしようという事で、ホテルに向かいました。

今回はクリスマスにかけての旅行という事で、結構奮発したつもりで、こちらのホテルを予約したのですが、とても良いホテルでした。部屋の写真などは、撮らなかったのですが、今回は食事を中心にご紹介したいと思います。

夕飯の部屋は、食事処なんですが、それぞれ個別に分かれているスタイルです。今回は、二人での旅行でしたので、こんな感じです。

時間は、選べるのですが、初日に伊豆高原のイルミネーションを見に行こうと計画をしていたために、午後7時にスタートで予約をしていました。実際には、雨だったのでイルミネーションは2日目に変更したのですけどね。

  • 食前酒 柚子酒
  • 先付 菊菜と白魚浸し、糸花
  • 手毬 平目昆布〆、サーモン(レモン、玉葱)
  • 前菜 蒸しあわび三重奏(青海苔ソース、肝ぽんずソース、葉唐辛子味噌)

 

スポンサーリンク

 

 

  • 椀物 清汁仕立 蟹万頭、占地、つる菜、木の芽)
  • 造り 沖の品

  • 進肴 玉子豆腐 海の宝石箱(イセエビ、鮑、ウニ)

  • 焼物 遊季亭風ステーキ 揚げ茄子、トマトマリネ、あられ(人参、南瓜)、ロマネスコカリフラワー、ガーリック

  • 温物 蕪甘煮 雪見餡 甘鯛、青味、生姜

 

スポンサーリンク

 

 

  • 止肴 みぞれ鍋 金目鯛、海老、鶏肉、壬生菜、榎木、クコの実、柚子

  • 御食事 黒米御飯 ゴマ塩 赤出汁、香の物

  • デザート アーモンドブラリネムース 3種のフレッシュベリーとソース

写真を見てもらっただけでも豪勢な食事だと思いますが…さらに別注でこんな感じで注文しちゃいました!

鮑の踊り焼き

伊勢エビの鬼殻焼き

通常のメニューにもイセエビや鮑もあったのですが、別注して美味しくいただきました!お酒も進んでしまうメニューでしたが、食事が美味しかったので、ほどほどにしておきましたヨ!

伊東遊季亭

住所:〒414-0012 静岡県伊東市宝町1-8
電話番号:0557-37-0114
ホームページ:https://www.ito-yukitei.com/

 

続いて朝食もご紹介しますネ!

朝食も沢山の料理が並んでいます。

最初の写真だけでなく、こちらも!

さらにさらに豆乳鍋まで。

料理も豊富でしたが、味もどれも美味しかったです!朝からご飯のおかわりしちゃいましたもの。

たまには、ちょっと奮発して美味しい料理と贅沢な空間を満喫するのも良いですね。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-旅日記
-, , ,

Copyright© エンジョイダンディコム , 2019 All Rights Reserved.