おおたさん エトセトラ

世界で6番目にデカイ旅客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」が大黒ふ頭にクル~ タクドラならではのインスタ映え

投稿日:2018年9月22日 更新日:

“マーリンルーシュで愛されて♫ 

大黒ふ頭で虹を見て

シーガディアンで酔わされて

まだ離れたくない早くイかくちゃ夜明けと共にこの首筋に夢の跡~♪

スポンサーリンク

大家好!

タクシードライバーの朝は早い!

19日13時に大さん橋に着岸できない(ベイブリッジを潜れない)横浜に来る旅客船で一番デカイ「クァンタム・オブ・ザ・シーズ(168,666t 348m 乗客定員4,180名)」が大黒ふ頭に入港!先日の記事の予告通りタクドラ営業に行ってきましたよ~

澄み切った秋晴れ!クァンタム・オブ・ザ・シーズが遠く東京湾をゆっくり着岸する大黒ふ頭を目指して入港してきます。

ここから方向転換です!翌日夜19時の出港に備えての方向転換、これ以上右方向へはベイブリッジがあり進行出来ませんからね

 

なんせ全長が348mの船ですから360度回転させるには約20分くらい掛っていたようですが、意外に早かったイメージ、回りを5隻のタグボートを従えてゆったりと着岸。

ほんとデカイ!デカ過ぎる、鉄の塊の飛行機が飛ぶことがいまだに信じられない私、この「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(168,666t 348m 乗客定員4,180名)」が海に浮かんで航行してること自体もunbelievable!

この日はタクシーの着け場所が船の真横!なかなか撮影出来ませんねこのような写真(インスタ映えって言ううんでしょうか?)、こんなときはタクシードライバー冥利に尽きますね。最初のお客様は4人の中国は北京からの旅行者の方々を買い物から夕飯まで観光も含めご案内。他にインドにスペインの方々それそれを目的地に無事お送りし結構な売り上げをさせていただきました。

スポンサーリンク

余談にはなりますけどインドの方々と車内での話

印度人 「日本には認知症になる方が多いんですよね?」

わたし 「そうですね、日本人は歳を重ねると認知症になるイメージがありますね」

印度人 「インドではカレースパイスを毎日食べるので認知症になる人はほとんどいないです」

わたし 「・・・・・・・・」

おいおい!インド人の寿命さっき調べたら68歳やん。日本人は84歳ですけど!ってことはインド人はボケる前に亡くなっちゃうんと違うんかい!笑

世界の経済のネタ帳から抜粋:http://ecodb.net/ranking/wb_le00in.html#IN

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Hiroshi ota

大阪府生まれ。 広告関係の仕事を長くしていましたが、現在はタクシードライバーで神奈川県横浜市を中心に走っています。

-おおたさん, エトセトラ
-, , , ,

Copyright© ドロンケンダイエット , 2019 All Rights Reserved.